「シュガーラッシュ」あらすじ感想ネタバレ&動画配信視聴ならVOD【U-NEXT・dTV・ビデオパス・ビデオマーケット・TSUTAYATV】

【シュガー・ラッシュ】VOD配信比較

U-NEXT dTV ビデオパス ビデオマーケット TSUTAYA TV
料金 1990円/月 500円/月 5620/月 500円〜/月 933円/月
無料期間 31日間 31日間 30日間 入会月 30日間
シリーズ配信数 0 0 0 0 0
視聴方法 レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル

アマゾンプライムでも配信あり

U-NEXT/ユーネクスト
 

月額1,990円(税別)ですが、ポイントが1,200円分付与。実質790円で見放題!作品数13万本以上!特に新作映画やドラマに強いので、新作を見たい方におすすめ

詳細はコチラ

dTV/ドコモ
 

ワンコイン月額500円(税別)で動画見放題!さらに31日間お試し無料!作品数12万本以上!業界最大級の動画配信サービス!ドコモユーザーならクレジットカード不要,ドコモケータイ払い対応可能!

詳細はコチラ

ビデオパス
 

1万本見放題!auユーザー以外でも加入できる動画配信サービスビデオパス(旧auビデオパス)会員特典として、イベント招待や鑑賞券などのプレゼントあり!30日間の無料お試し期間あり!

詳細はコチラ

ビデオマーケット
 

月額980円(税抜)の「プレミアム&見放題コース」で20,000本以上の見放題作品が視聴可能!動画本数20万本以上の国内最大級サービス。年代や製作国、ジャンルで調べられる細かい作品検索が魅力。

詳細はコチラ

TSUTAYA TV/ツタヤ
 

新作・準新作を除く対象作品約10,000タイトルが見放題。月額933円(税抜)で新作約2本分のレンタルに使える1,080円分のポイントがもらえる。レンタル制限がなくCDもレンタルできる!

詳細はコチラ

 

作品概要

アーケードゲームの世界を舞台に、ヒーローになりたい悪役の冒険を描いたファンタジー・アドベンチャー映画作品。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオによって制作された本作品は、1973年に公開された「白雪姫」から数えて52作品目として発表され、2012年11月にアメリカで公開されたのを皮切りに、日本では2013年3月より公開が開始されました。

悪役を主人公にすることによって、改めて正義と悪の存在について疑問を投げかけることに成功した本作品は、その内容が評価され、第85回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされるなど数々の映画賞を受賞することとなりました。

そんな本作品ですが、監督は「ズートピア」や「ザ・シンプソンズシリーズ」を手掛けたリッチ・ムーアが務めており、製作総指揮を「リトル・マーメイド」や「美女と野獣」などのディズニー作品に多く関わってきたジョン・アラン・ラセターが務めました。

また本作品は、多くのファンからの支持も得ており、2018年には続編となる「シュガー・ラッシュ:オンライン」が公開されています。

あらすじ

舞台は、2012年のとあるゲームセンター。

このゲームセンターではゲームキャラクターたちが自分の意思を持っており、他の作品との世界をつなぐ「ゲーム・セントラル・ステーション」を辿って、各キャラクターたちは毎日交流を深めていました。

そんな中、アーケードゲーム「フィックス・イット・フィリックス」で悪役を演じていた大男のレック・イット・ラルフは、自分の役割に不満を持ち始めます。

そして、ついには同作のヒーローを演じていたフィックス・イット・フィリックスJr.のようになりたいと願うようになり、ヒーローに与えられる「ヒーローのメダル」を手に入れるため、他のゲーム世界へと冒険に出ることを決意します。

こうして旅に出たラルフは、バグに巻き込まれたことで「シュガー・ラッシュ」というレースゲームの世界に迷い込むことになります。

そこでラルフが目にしたのは、レース出場を禁じられた上に同じ世界の住人達からも疎まれていたヴェネロペという1人の少女の姿でした。

そんな姿を見たラルフは、孤独で愛されないという境遇に自分と重なる部分を感じ、メダル獲得とレースの優勝というお互いの夢を叶えるために協力して勝負に挑むことにします。

果たして、2人の夢は叶うのか。そして、悪役でもないヴェネロペが、「シュガー・ラッシュ」において疎まれる存在となっていた理由は一体何だったのか。

本当の正義と悪を改めて考えさせられる本作品は、ぜひご鑑賞してお楽しみください。

登場人物

・レット・イット・ラルフ/声:山寺宏一
本作品の主人公。

1980年代に製造されたアーケードゲーム「フィックス・イット・フィリックス」の悪役として、普段はアパートビルを殴り壊す仕事をしている。ドジで短期だが心優しい性格をしており、ヒーローになりたいという願望を持っていることから、「悪役お悩み相談会」にもめったに姿を見せない。

・ヴェネロペ・フォン・シュウイーツ/声:諸星すみれ
本作品のヒロイン。

レースゲーム「シュガー・ラッシュ」のプレイヤーであるが、体を構成するプログラムに異常なノイズが混ざっていることから、正式なプレイヤーとして認められていない。小生意気で憎まれ口をたたくことも多いが、根は明るくて優しい性格をしていることから、協力者となったラルフには徐々に打ち解け合うようになる。

・フィックス・イット・フィリックスJr./声:花輪英司
「フィックス・イット・フィリックス」の主人公。

ゲーム内では、小柄な修理工として愛用する魔法のハンマーを用いながら、ラルフが殴り壊したビルを直す仕事をしている。礼儀正しく心優しい性格をしているため、ゲーム外ではラルフとも仲良く接しているつもりだが、ラルフが悪者扱いされることに嫌気がさしているとは思っていない。

感想/ネタバレ

(悪役だって悩みを抱えている!「悪役お悩み相談会」に注目)
悪役としての仕事をしているせいで、周りから疎まれて生きなければいけないことに徐々に嫌気がさし始めたラルフ。

そんなラルフは、これまで顔を出すことをためらっていた「悪役お悩み相談会」という会合に出席することにします。

この「悪役お悩み相談会」は、悪役キャラクターたちが日ごろの悩みや鬱憤を打ち明けるために定期的に開催しているもので、この日も14のゲームキャラクターが一堂に会していました。

出席しているキャラクターは、「スーパーマリオ」の悪役であるクッパや、「ストリートファイターⅡ」の悪役であるザンギエフなど、実在するキャラクターから本作品の為に作られたオリジナルキャラクターまで様々。

同シーンは1分程度と短かったため議論が交わされるようなことはありませんでしたが、それでも悪役にも悩みがある事を考えさせる重要なシーンとなった「悪役お悩み相談会」。

彼らの哀愁漂う会合シーンは必見です。

(「シュガー・ラッシュ」の世界が味わえるゲームも誕生)
本作品はゲームセンターが舞台であることから、ラルフの出演する「フィックス・イット・フィリックス」を初めとして、多くの作品世界が描かれています。

そんなゲーム好きにはたまらない本作品ですが、実は作中で描かれていたゲームを実際にプレイすることもできるのです。

方法は、ディズニーが出している公式iOSアプリをダウンロードするだけ。

アプリには5種類のミニゲームがプレイできるようになっており、「フィックス・イット・フィリックス」や「ヒーローズ・デューティ」など、作中に登場したゲームそのままに遊ぶことができるようになっています。

もっと「シュガー・ラッシュ」の世界観を楽しみたい人にぜひオススメな当ゲーム。ぜひご鑑賞後にプレイしてみてはいかがでしょうか?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「図書館戦争」あらすじ感想ネタバレ&動画配信視聴ならVOD【U-NEXT・dアニ...

「ばらかもん」あらすじ感想&配信動画視聴ならVOD【Hulu・U-NEXT・Dア...

「博多豚骨ラーメンズ」あらすじ感想ネタバレ&動画配信視聴ならVOD【FOD・dア...

「聲の形」(こえのかたち)あらすじ感想&配信動画視聴ならVOD【U-NEXT・d...

「ガイコツ書店員 本田さん」あらすじ感想ネタバレ&動画配信視聴ならVOD【U-N...

「ヲタクに恋は難しい」あらすじ感想ネタバレ&動画配信視聴ならVOD【U-NEXT...